ホームログインカート
古本通販 如月堂
メンバー
ログイン
会員登録はこちらから↓
新規会員登録
商品カテゴリー
ショッピングカート
カートを見る・レジに進む
メールマガジン


paypal




ホーム 美術・芸術
浮世絵の夏 ―納涼と花火―
商品名:

浮世絵の夏 ―納涼と花火―

平木浮世絵美術館

江戸時代の人々は、自然や日常の暮らしの中に、季節の移ろいを敏感に感じ取っていました。
旧暦で夏とされていた4月〜6月、冷房のない時代の事、涼を求める人々は水辺へと繰り出し、夏の名所は川や海などの水辺にありました。
江戸の両国では川開き以降毎夜花火が打ち上げられ、夏の夜空を彩っていました。賑わいを見せるこの風景を、国貞、国芳、広重等の人気浮世絵師が筆を競って描いています。

また、納涼に出かける人々は、デザイン性豊かな浴衣を着ておしゃれを楽しみました。手に持つ美しい団扇も、涼しさを演出する必須アイテムでした。
江戸の人々が工夫を凝らしつつ楽しみながら夏を過ごしていたことが、浮世絵に描かれた情景からうかがい知る事ができるでしょう。



<論考>
両国の納涼 …佐藤光信
四条河原の夕涼み …廣瀬千紗子

<図版編>
納涼
花火
四條河原
浴衣
団扇
団扇絵
版本

<資料編>
江戸編
京都編

<作品リスト及び作品解説)
両国コラム‖任曽紊臆峅个旅渋
両国コラム⇔捷颪慮世物小屋

List of Prints
主要絵師略伝
読んでみよう!

販売価格: 2,000円
購入数:
送料全国一律200円 2000円以上の購入で送料無料です



古本通販の如月堂
トップページへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近チェックした商品
特定商取引法に基づく表記 (返品など)支払い方法について配送方法・送料についてプライバシーポリシーお問い合わせ このページの先頭へ
Copyright(c)2015 kisaragido All Right Reserved.